美容の秘密

美容まとめサイト

【圧倒的に安い】おしゃれな家庭用卓上ウォーターサーバーのおすすめ機種まとめ❗️

f:id:nokonoko_o:20200803193645j:plain

【コスパが良い】ウォーターサーバーで快適な日常生活へ❗️

皆さんは『ウォーターサーバー』をご存知でしょうか❓

よく『薬局』の待合室などに置かれている『タンクタイプのウォーターサーバー』がありますが、最近では『一般家庭用』に改良された『スリムタイプのウォーターサーバー』や、テーブルなどに設置できる『卓上用』のウォーターサーバー機種まで幅広く、流通しています❗️

f:id:nokonoko_o:20200802141611j:plain

そんな『ウォーターサーバー』ですが、今回は『一般家庭用』でおすすめの『ウォーターサーバー機種』をご紹介していきます❗️

よく、オフィスなどで利用されている『施設用ウォーターサーバー』と、一般家庭で利用される『家庭用ウォーターサーバー』には、大きな違いがあります。

  • 『ウォーターボトルの容量』
  • 『ウォーターサーバー本体の大きさ』
  • 『ウォーターサーバーの機能』
  • 『メンテナンスや維持にかかるコスト』
    など

機種によって、様々な違いがあるので『ウォーターサーバー機種』を選ぶ時に、注意しておきたいポイントですね❗️

なぜ『家庭用ウォーターサーバー』がおすすめなのか❓

そんな『家庭用ウォーターサーバー』をおすすめする理由は、5つあります❗️

『施設用ウォーターサーバー』『光熱費』など、色々なポイントから見た『利点』『メリット』『特徴』をご紹介していきます。

【おすすめポイント】『コンパクト化されたオシャレなインテリア』

ウォーターサーバーは、少し前まで『オフィスで利用される機器』というイメージがありましたが、最近では『家庭用』に改良された『コンパクト』なウォーターサーバーが多く出回っています❗️

中には『オシャレなインテリア』をモチーフにした『インテリア系ウォーターサーバー』などもあります。

f:id:nokonoko_o:20200802160145j:plain

リビングに置く『据え置きタイプ』もあれば、棚の上に置けるような『卓上タイプ』など種類豊富なウォーターサーバー機種があります❗️

なので、ウォーターサーバーは『インテリア』として設置している方も多いのがウォーターサーバーユーザーの現状です。

【おすすめポイント】『低コストで始められるウォーターサーバー』

ウォーターサーバーを自宅に置きたいけど『費用が高そうでどうしても手が出せない❗️』という方も多いと思います。

f:id:nokonoko_o:20200802192941j:plain

そんなウォーターサーバーの『契約費用』から『月額費用』まで詳しくまとめていきます。

ウォーターサーバーを利用するにあたって、発生する費用は大きく分けて『4つ』あります❗️

  • 『サーバーレンタル費用』
  • 『メンテナンス費用』
  • 『ウォーターボトル費用』
  • 『契約費用(大体0円が多い)』

そんな費用ですが、項目別に詳しく記載していきます❗️

『サーバーレンタル費用』について

ウォーターサーバーを提供している企業のサイトに表示されている『費用』は、大体『サーバーレンタル費用のみ』が多いです❗️

なので『コスパ』を意識してウォーターサーバーを契約していくのであれば、注目していただきたい費用ではありますね。 

【平均的なサーバーレンタル費用】

980〜3980円(税別) 

初期費用を『大きく抑えて』ウォーターサーバーを利用したい方には、よく検討していただきたい『費用』の1つです❗️

【コスパ最強サーバー機種】→【dream server ドリームサーバー】

『メンテナンス費用』について

次は『メンテナンス費用』です❗️

ウォーターサーバーには『独自フィルター』が付属している機種があります。

この独自フィルターは『定期交換』が必要になってくるので、ウォーターサーバーの『維持費』として、しっかり把握しておく必要があります❗️ 

『水道直結タイプ』のウォーターサーバーに付属していることが多く、ウォーターサーバーの上部に『ウォーターボトル』を必要としないタイプですと『独自フィルター』の定期交換が維持費用として必要になります。

【平均的なメンテナンス費用】

大体がレンタル費用に含まれている。

最近では『セルフメンテナンス』といって利用者である、ご自身で『メンテナンス』できるタイプのウォーターサーバーが多いですね❗️

もちろんウォーターサーバー機種によっては『独自フィルター』を必要としない機種も多くありますので、ご自身で『フィルター交換』などをするのが手間な方には、フィルター無しの『ウォーターボトルタイプ』のウォーターサーバーをおすすめします❗️

【高性能フィルタータイプ機種】→ウォーターサーバーのお水を料理にも気兼ねなく【ウォータースタンド】

『ウォーターボトル費用』について

次は『ウォーターボトル費用』についてです❗️

この『ボトル費用が高い』と、市販で売っている『天然水ペットボトル』の方がコスパ的には安いので、しっかり注目しておきたい部分ではありますね。

まず、ウォーターボトルには『種類』があります。

その種類というのは『こだわった水(銘柄)』の事です❗️

ウォーターサーバーを提供している『企業』によって、全然違う『水』を提供しているので、どの水が気になっているかで『ウォーターサーバー』を選ぶ材料が異なってくると思います。

  • 『日本北アルプス天然水』
  • 『富士鳴沢の天然水』

今回記事で掲載しているウォーターサーバー企業では、このような『銘柄』がありました❗️

【平均的なウォーターボトル費用】

水道直結タイプ・・・使用した水道料金

ウォーターボトルタイプ・・・2250円(税別)(6L×3パック)

ウォーターボトル費用は高いと思われがちですが、毎月の『利用量(水量)』が多ければ多いほど割安になっている傾向です❗️

なので、1人暮らしの方には『割高』になってしまいますが、ファミリー利用であれば『ウォーターサーバー』を利用した方が、毎月の『飲み水料金』は安くなると言えるでしょう❗️

【ファミリー向け機種】→ウォーターサーバーが貰える!【シンプルウォーター】

『契約費用(大体0円が多い)』について 

最後は『契約費用』についてです❗️

少し前までは、契約費用で『1〜2万円』といったウォーターサーバー企業もありましたが、最近では『契約費用0円』の企業がほとんどです。

なので『初期費用を抑えて』ウォーターサーバーを利用できるようになりました❗️ 

【平均的な契約費用】

・『契約期間によって無料になる』

・『レンタル料金に含まれている』

などなど

契約費用は『0円』のケースが多いです。

しかし、中には高額な『契約費用』『解約料金』が発生したりする場合もあるので、申し込みの際に『契約内容』を確認するなどして、トラブルにならないようにしましょう❗️

【設置費用0円機種】→日本北アルプス天然水【SNOWALPS】

【おすすめポイント】『時短にもなる便利な機能』

ウォーターサーバーには『温水』が出る機種があります❗️

もちろん温度も『80度』ぐらいまで、高いお湯が出たりするので普段お湯を沸かす時間がない『朝』などに、非常に便利です。 

f:id:nokonoko_o:20200802193110j:plain

特に『ファミリーユーザー』に使っていただきたいですね❗️

何かとバタバタする『朝』は、時短ができれば違う場面に『時間を使うことができる』ので、今ウォーターサーバーが気になっている方には、ぜひチェックしていただきたい製品です。 

【おすすめポイント】『ライフスタイルに合わせた種類豊富な機種』

ウォーターサーバーを利用するにあたって、注目したいのが『ライフスタイルに合わせられるか❓』という部分です。

  • 『家の内装に合わせたい❗️』
  • 『1人暮らしだからコンパクトサイズが良い❗️』
  •  『家族で使いたいから大きいサイズが良い❗️』
  • 『持ち運びできるような機種が良い❗️』
    など

ウォーターサーバーを探している方には、色々な『理由』があると思います。

そんな『多種多様な要望』に、しっかり『アンサーしてくれる製品』が多く販売されているので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか❓

ウォーターサーバーは、設置場所などを確保しないといけないという『イメージ』がありますが、実は様々な形状の機種があるので、そんなことないのです❗️ 

【おすすめポイント】『ブランドによって異なる水の品質』

ウォーターサーバーの醍醐味である『水の銘柄』ですが、最近では選びきれないほどの種類が存在します❗️ 

f:id:nokonoko_o:20200803195608j:plain

各メーカーによって、提供している『銘柄』が異なっているので、ウォーターサーバーのタイプで選ぶのも良いですが、水の『品質』『銘柄』で選んでみるのも面白いかもしれませんね❗️

1番おすすめの『ウォーターサーバー』は卓上タイプ❗

そんな種類豊富な『ウォーターサーバー』ですが、個人的におすすめしたい機種は『卓上用ウォーターサーバー』ですね❗️

おすすめしたいポイントは『3つ』あります。

  • 『コンパクトサイズで使いやすい』
  • 『維持費が安いので手軽に利用できる』
  • 『インテリアとしてもオシャレ』 

ウォーターサーバーは『コンパクト』じゃないと、設置場所を設けたり何かと不便な点が多いです。

しかし、コンパクトタイプの機種なら『家の空いている場所』にパッと設置できるので、申し込みをしてすぐ利用することができます❗️ 

 

ノルマ無し、解約金無しのウォーターサーバー【シンプルウォーター】

 

さらに、通常の『据置タイプ』と比べて維持費などの『管理費用』が半額ぐらいなので、低額で『ウォーターサーバー』を利用したいユーザーにもおすすめできます。

最後は個人的な意見ですが、ウォーターサーバーを『インテリア』として利用したいユーザーには『オシャレな機種』もあるので、ぜひチェックしていただきたいですね❗️

コスパの良い『卓上用ウォーターサーバー』をご紹介しました❗️

この記事では『ウォーターサーバー』の色々をご紹介しました。

いかがでしたか❓

何かと分からない点が多い『ウォーターサーバー』ですが『おすすめポイント』から『注意ポイント』まで幅広くご紹介してみました。 

今ウォーターサーバーを探している方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか❗️